敷金を下げる方法 礼金を下げる方法

敷金・礼金を下げる方法お教えします

礼金というものは読んで字のごとく大家さんにあげるお金になりますので借り主からしたら無駄金以外の何物でもありません。

 

 

これも先ほどと同じく魔法の言葉を使いはずしてもらいましょう。

 

 

「○○さん(その営業マン・営業ウーマンの名前)礼金は大家さんにあげるだけのお金ですよね?この礼金という項目をなくしてくれたら契約します。○○さんがここまでしてくれたんだから・・・」と言ってみましょう。

 

 

きっと営業マン・営業ウーマンは頑張って礼金をなくすように交渉してくれるはずです。

 

 

今のこの不況の時代ですので礼金のある物件は減っていますがもし礼金のある物件があれば大抵はずすことが出来ます。

 

 

もしはずすことが出来なければ、違う賃貸仲介不動産会社に行き同じようにお願いしてみましょう。

 

 

それでもはずすことが出来ない場合は、本当に礼金が絶対条件になっている物件ですので礼金(大家さんのあげるお金)を払う価値のある物件か冷静に判断して価値があると判断しましたら
その物件に決めて、価値がない・他に候補物件があるということでしたら他の候補物件で先ほどのテクニックを使い、家賃交渉と初期費用交渉をしましょう。

最後に見積もりを下げさせるために注目したいのが敷金です。

 

 

敷金の性質は預かり金ですので、2ヶ月預けていても3ヶ月預けていても退去時に退去立会いでかかったリフォーム代と相殺する形で残った金額が戻ってきます。

 

 

この退去時のリフォーム代を下げる裏技は後述しますが、見積もりを下げるのでしたらこの敷金という名の預かり金を3ヶ月から2ヶ月に下げてもらう交渉をしましょう。

 

 

国交省のガイドラインでは家賃に経年劣化や自然損耗は含まれておりますので普通に使っていただき故意過失がない場合、敷金はハウスクリーニング代ぐらいで残りは戻ってきます。

 

 

敷金3ヶ月ですとこの不景気な時代に預けすぎていて相場ではないので下げてもらいましょう。

 

 

ここは素直に、「初期費用を抑えたいので敷金3ヶ月を2ヶ月に下げてもらえるように交渉してください。2ヶ月に下がったら契約します」

 

 

と伝えましょう。結局預けるお金ですので大家さんもOKと言ってくれることがほとんどです。このテクニックを使って初期費用を下げましょう。
次のページへ(どうしてももっと初期費用を下げたい人はコチラ)