敷金を回収するためにすること

敷金を回収するためにまずすること

誰でも実践できる入居から退去までの賃貸不動産アパート・マンションのノウハウを今回皆さんにお伝えしたいと思います。

 

 

・退去立会いの交渉、初期費用交渉は誰にでも出来るのか?

 

 

やはり不安があることでしょう。

 

 

誰でも人間は初めて行うことには不安を感じ緊張するものです。

 

 

それが交渉事となればなおさらではないでしょうか?

 

 

しかし、今回お届けするノウハウは、あくまでも素人でも行なえる内容になっております。(しかし一読するだけで賃貸不動産の知識は入社3年未満の社員よりついてしまいます)

 

 

昔のドラマのように悪徳不動産会社をやっつけるヒーローが現れるわけではありませんし、秘密の道具を使うわけでもありません。

 

 

長年の不動産キャリアが必要なテクニックでもありません。

 

 

あなたがアパート・マンションを借りる時、退去する時に必要なもの・・・。

 

 

それは、

 

 

書いてある不動産知識とその内容を行動する行動力だけなのです。

 

 

実は、Aさんが実践した退去立会いの方法とは大まかに言うとたった2つのことを実行しただけなんです。

 

 

@入居前に私の指示に従って室内写真を撮り、チェックリストに現状をチェックした。(これはだれでもものの10分あれば出来ます)

 

 

A退去立会いの日に@のものを持参して立ち会った。

 

 

たったのこれだけです。

 

 

作業時間はたったの10分で退去費用がほとんど返ってきました。

 

 

どうですか?

 

 

これならあなたにも実践出来ると思いませんか?

入居日当日に、汚れている箇所の室内写真をたくさん撮り、最初から傷ついている部分のチェックリストを作成するだけでも充分に退去費用を返還することが出来ますが、
さらに秘匿性が高く賃貸アパート・マンションを借りる上で即効性のある初期費用を下げるノウハウ、入居から退去までをトータルでフォローするノウハウをお伝えします。

 

 

なぜ入居から退去までをトータルでフォローするのか?

 

 

確かに初期費用を下げるだけのノウハウ、退去費用を回収するだけのノウハウでも成立しますし2つの情報が独立していてもいいぐらいの内容です。

 

 

しかし別々に理解したのでは賃貸アパート・マンションの知識として完璧ではなく偏った知識を持ってしまう可能性があると私は考えました。

 

 

入居から退去までをトータルで理解して、尚且つ円滑に初期費用を下げ、家賃交渉・条件交渉をし、退去費用を回収する所までフォローしてはじめて一つの賃貸不動産の流れだという思いが私にはあります。

 

 

ですので今回はすべての賃貸不動産ノウハウを公開いたします。

 

 

そのノウハウは、いい不動産会社の営業マンを見つけることに集約されております。

 

 

まずはフィーリングの合ういい営業マンを見つけましょう。
次のページへ(自分主導の賃貸契約をしよう)