隣の人との関係を円滑にする方法

隣人関係を円滑にする魔法の言葉

隣人関係を円滑にするために最初のあいさつ時に言っておきたい言葉があります。

 

 

その言葉は、

 

 

「本日より引っ越してきました○○と申します。○○関係の仕事をしており、家族○人で住みます。共同生活をしっかり意識し極力音などで迷惑をかけないように努めます。また何かご迷惑をおかけしてしまった場合は遠慮なく言ってください。それでは今後ともよろしくお願いします」

 

 

○には自分の職業と家族構成を伝えてください。

 

 

この言葉を言っておけば人間とは不思議なもので見えないものに対しての恐怖や怒りはどんどん増大していくのですが、顔のわかっている人や紳士的な会話を交わした人に
対しては生活音に関しても多少目をつぶってくれますし、よほどの事がない限り何も言ってきません。

 

 

私にも経験がありますが、あいさつに行き横の方がいい人でしたら煮物を持ってきてくれたりそのアパート・マンションの有益な情報を教えてくれたりします。

 

 

ですので入居のごあいさつでこの言葉を言うことは、損することなく得をする可能性を秘めています。

 

 

そこまでの関係にならなくても上下左右の苦情はほとんどなくなります。

 

 

この行為をして苦情を言われたとしたらよほどの音を出して迷惑をかけたのだと真摯に受け止め早急に対処するようにしましょう。

アパート・マンションは共同住宅につき謙虚な気持ちで生活しましょう

 

 

新生活のあいさつもしっかりお菓子の詰め合わせや生活必需品セットを持って行って終わっていると思います。

 

 

これで隣人関係も概ね良好にいくことでしょう。

 

 

しかし、ここで気をゆるめてはいけません。

 

 

アパート・マンションで生活するということは、上下左右に人が住んでいて故意ではないにしても生活音は時として聞こえてしまいます。

 

 

隣や上下から生活音が聞こえてくるということはこちらも気づかぬ内に音を出している可能性があるという事です。

 

 

先程伝授した魔法の言葉を上下左右に伝えている以上、よほどのことがない限り上下左右の人は苦情を言ってこないでしょうが自分も生活音を出している一員なのだという事を認識して謙虚な気持ちで生活しましょう。

 

 

上下左右の生活音もあいさつに行って上下左右の人の顔がわかっていて謙虚な気持ちになると不思議と気にならなくなります。

 

 

持ちつ持たれつお互い様という気持ちで共同住宅で生活してゆきましょう。

 

 

入居後に気をつける事

 

 

入居後に気をつける事・忘れがちな事としましては、

 

 

・家賃は振込みか引き落としか?(契約書を見直しましょう)

 

 

・家賃が振込みの場合はいつまでにどこの銀行に振り込むのかを確認して振り込む(振込みがめんどうな場合は自分の使っている銀行に行き、毎月○日に自動送金という形をとって家賃の払い忘れを防止しましょう)

 

 

・ゴミの出し場所・ゴミ出しの日・分別の種類や内容の確認(もよりの役所で教えてもらえます)

 

 

・自分の使っている銀行やクレジットカードなどの住所変更(あわせて郵便局に行き前の家に郵便物が届いた時に新住所に送ってもらえるようにする転送届をだしましょう。引っ越しして1年間転送は有効です)

 

 

・勤め先や学校にもしっかり新住所を伝えましょう

 

 

・新生活に慣れるまでは遅刻しないように早めに起床して通学・出勤準備をしましょう

 

 

・家具や家電を購入する際は必ず新住所を記入しましょう(忘れて旧住所を記入してしまいがちです)
次のページへ(隣の人がうるさい時の対処法)