ペット可マンションのメリット・デメリット

ペット可マンションのメリット・デメリット

ペット飼育可能アパート・マンションのメリット・デメリット

 

 

ペット飼育可能アパート・マンションは、ペットを飼っている人に対して供給が追いついていない現状がありますので家賃のお手頃なペット飼育可能アパート・マンションは
大変人気があります。

 

 

最近のペット飼育専用に建てられたマンションは、家賃が高く設定されていますし、空室が増えて大家さんが苦肉の策でペットOKにしたマンションは、内装が古くて汚く入居希望者のイメージと違うということで決めかねてしまいジレンマにおちいる事が多いようです。

 

 

多少高くても築年数も新しいペット飼育専用マンションに住むか、多少古くて間取りも昔の使いづらい間取りですが、家賃の安い所に住むかの二択になりがちです。

 

 

オススメなのは、内装をリフォームしてあるペット飼育可能アパート・マンションです。

 

 

これでしたら間取りも古くなく、家賃もお手頃なので紹介されて気に入ったら入居を検討しましょう。

 

 

大家さんにもよりますが、ペットは犬はOKで猫はダメとか、またその逆で猫はOKでも犬はダメなどさまざまな条件がありますので、営業マン・営業ウーマンにしっかりペットの種類を伝えましょう。

ペット飼育OKとうたっているアパート・マンションでも物件資料に何も書いていなければ基本的には、小型犬を想定している事が多いので事前にペットは犬なのか猫なのか何匹飼うのかを営業マン・営業ウーマンに伝えて紹介してもらいましょう。

 

 

私が営業マン時代でも、退去時のリフォーム代がたくさんかかるという理由で猫はひっかくのでダメと断られたマンションがありました。

 

 

実際はしつけや飼育状況によって汚す汚さないはあると思いますが、大家さんからしてみれば、しつけ出来ていると口頭で聞いたとしても本当かどうかを確かめることはできないので、ある意味では退去時までどれだけお部屋が汚れているかわからないギャンブルのような感じになります。

 

 

中型犬や大型犬も室内飼いだとハードルが高く、複数飼いになるとそれこそ戸建かペット専用マンションかなど数えるほどしか紹介出来なくなってしまいますので、少しでも条件に合う物件があったらとりあえず見学してみて、ペットを第一条件で妥協できる所は前向きに考えて妥協し、いい物件を見つけましょう。

 

 

その点築年数は古いのですが中がピカピカにリフォームされている物件はお値段もお手ごろですので、そんな物件がありましたら迷わず見学を申し込みましょう。
次のページへ(学生さんの多い要望・新婚さんの多い要望)