賃貸で人気の間取り・女性専用マンションのメリット・デメリット

賃貸で人気の間取りお教えします

現在人気のある間取りお教えします。

 

 

現在人気のある間取りは、一人暮らしでしたら最近は、お部屋の広さが6帖だとせまいと学生さんでも言いますので、最低8帖以上のお部屋にバス・トイレが別になっているセパレートタイプ、女の子には必須のオートロックがある物件が人気です。

 

 

1LDKという1部屋寝室とリビングダイニングキッチンがある少し贅沢なタイプの間取りも人気があります。

 

 

ここ10年ぐらいで出てきた間取りですので希少価値が高く、家賃が高いことが多いので1LDKの間取りを狙うのでしたら、2DKタイプの間取りをリフォームして1LDKタイプにしている物件が比較的安く探すことが出来ます。

 

 

新婚さん・ファミリー物件ですと最近は、リビングの広い物件が人気あります。

 

 

2部屋にリビングダイニングキッチンのある2LDKタイプですと、南側一面リビングダイニングキッチンで15帖以上の広さがある物件が人気あり、3部屋にリビングダイニングキッチンのある3LDKタイプの間取りも同じく、南側一面にリビングダイニングキッチンのあるカウンターキッチンタイプの間取りが根強い人気があります。

女性専用アパート・マンションのメリット・デメリット

 

 

女性専用アパート・マンションのメリット・デメリットは、なんといっても女性しか住んでいないという安心感です。

 

 

隣の人も上の階の人も下の階の人も確実に女性なので、気持ちが楽ですし、多少の物音があったとしても女性同士という事でなんだか許せる気持ちになったりします。

 

 

女性専用アパート・マンションは大抵、セキュリティに気を使っていたりしますので、オートロックであったり、防犯カメラがついていたりと普通のマンションよりセキュリティがしっかりしていますので人気があります。

 

 

デメリットは特にありませんが、強いて上げるなら女性専用という事が外にわかってしまうと女性しか住んでいないということで泥棒などに狙われてしまいやすいという一面があるようです。

 

 

そんな場合は、大家さんに相談して話し合い、男性がいるような気配を洗濯物やエントランスなどから出すと外からは、女性専用マンションだとわかりにくくなります。

 

 

基本的に女性専用マンションは、非常に人気が高いのでもし営業マン・営業ウーマンに紹介された物件資料候補の中にありましたら一度検討してみるのもいいのかもしれません。
次のページへ(学生マンションのメリット・デメリット)