賃貸の個人契約と法人契約の違い

賃貸不動産の個人契約と法人契約の違い

法人契約(会社契約)と個人契約の違いについて

 

 

法人契約(会社契約)と個人契約の違いを説明します。まず法人契約というのは、転勤など会社の都合で転勤になりお部屋を探さないといけなくなった場合に会社が契約者になり会社名義で賃貸アパート・マンションを契約することをいいます。

 

 

逆に個人契約とは、一般的に個人で借りるときの契約になり個人が自身の名義で契約することをいいます。

 

 

法人契約(会社契約)の場合は、会社の規模にもよりますが会社が契約者ということで、家賃滞納などは会社がつぶれない限りはないだろうという判断で入居審査などは通りやすくなります。

 

 

大家さんによっては、入居者さんを連帯保証人にしてほしいというアパート・マンションもあります。

 

 

個人契約の場合は、契約する個人さんがどんな属性の方なのかと連帯保証人の内容を総合的に審査します。

 

 

こちらもお勤めの会社の規模や職種、勤続年数など総合的に見て家賃滞納はなさそうか?

 

 

もし家賃滞納した時に連帯保証人さんは対応出来そうか?

 

 

などを見て審査結果を導き出します。

保証人が立てられない人はどうすればいいのか?

 

 

最近では時代のせいか連帯保証人を立てられない人が非常に増えております。

 

 

理由はさまざまで、単純に親と喧嘩しているから連帯保証人になってくれないという人からもう親が亡くなってしまった人、親に迷惑をかけたくないなどの人がおりました。

 

 

連帯保証人は3親等以内の方が基本的になっていただくものですので、友人や知人はなることが出来ません。

 

 

なぜなら家賃を万が一滞納してしまった時に友人・知人ではまったく連帯保証人として機能せずにさっさと逃げてしまうからです。

 

 

ある程度責任を持って家賃滞納した時に本人に代わって支払っていただける人じゃないと連帯保証人にはなれません。

 

 

現在は、前の章でも触れましたが連帯保証人を立てられない方のために保証会社というものがありまして、そこが大家さんに家賃滞納時の保証をし、連帯保証人の代わりのような役割をしてくれます。

 

 

当然連帯保証人の代わりをしていただくわけですから、その保証会社に保証料を支払わなくてはいけませんので余計に出費がかかります。

 

 

しかし現在では都心にいけばいくほど連帯保証人を立てられる方はおらず、このやり方が主流になりつつあります。

 

 

大家さんからしたら家賃を滞納したら保証会社が代わりに家賃を払ってくれるので家賃の取りっぱぐれがないので安心なのです。
次のページへ(法人契約のメリットと裏ワザ)