金利が1%上がるとどうなるのか?

金利が1%上がるとどうなるのか?

ここ最近の日本は、不景気のあおりを受けて非常に低金利の住宅ローンで推移しておりますし優遇金利商品が各金融機関で充実しておりますので、まさにマイホームを購入するにはうってつけのタイミングだといえます。

 

 

それを上手に利用して自分の考えに合った住宅ローンを組むことが完済までの近道になります。

 

 

金利が1%上昇するといくらぐらい総返済額が変わってくるかといいますと、

 

 

3%で全期間固定の35年間元利均等・ボーナス返済なしで借りると総返済額は約4,850万円なのに対し、

 

 

4%で全期間固定の35年間元利均等・ボーナス返済なしで借りますと総返済額は約5,580万円になります。

 

 

実に1%の金利が上がるだけで35年後の完済時の総返済額が約730万円も変わってきます。

 

 

たった1%と思われるかもしれませんが住宅ローンの1%はとても重要になりますので、マイホームの購入を検討している人は意識して銀行のホームページなどを見て金利を確認してみましょう。

 

 

今の低金利が終わり、1年後に1%上昇するとなると約730万円余分に住宅ローンで使うことになりますので物件価格の値段交渉も大事ですが、早めに決断することも総返済額を減らす要因になったりします。

 

 

1度検討してみてください。

住宅ローンの借り換えで得するのはどんな人か?

金利の高い時に住宅ローンを借りた人で、どんな人が住宅ローンの借り換えで得をするのかといいますと、まずは現在の住宅ローン残高が1,500万円以上ある人は検討対象です。

 

 

なぜかといいますと住宅ローンを借り換える時、どうしても諸費用がかかりますので住宅ローン残高の少ない人には、あまりメリットがありません。

 

 

住宅ローン残高が1,500万円以上残っている人ならほとんどの場合得をします。

 

 

次に検討している住宅ローンの金利が今より1%以上低くなる人は、検討対象です。

 

 

こちらも住宅ローンの借り換えには、諸費用がかかりますのでそれを負担しても得をするには1%以上の金利差が必要となります。

 

 

次に住宅ローンの返済期間が15年以上残っている人は、検討対象です。

 

 

こちらも同じく返済期間が短い人にとっては、借り換えの諸費用を負担することの方が高くなってしまいますので、返済期間残り15年前後が一つの目安になります。

 

 

そして最後に、その検討している安い金利の商品が、同じ金融機関の住宅ローン商品であれば検討対象です。

 

 

最近は同じ金融機関でも別のローン商品に借り換えする人が増えております。

 

 

この場合の最大のメリットは、借り換えの諸費用がかかりませんので金利差があまりなくても得をすることが多いです。

 

 

当てはまる項目がある人は借り換えで、得をする可能性がありますので是非検討してみましょう。
次のページへ(変動金利と固定金利はどちらが得?)