重要事項説明書の重要性 賃貸

重要事項説明書の重要性

重要事項説明書の説明は必ず聞こう(重要事項説明書について気をつける事すべて公開します)

 

 

まず基本中の基本なのですが、数字の間違いをしっかりと自分の契約条件、いただいている物件資料と照らし合わせて確認しましょう。

 

 

アパート・マンションの名称から号室・築年数・u数・管理会社や大家さんの名前・電話番号などが合っているか確認しましょう。

 

 

家賃やその他の条件もこの時には、私の伝授したすべての交渉が終わって契約を待つばかりの段階ですので交渉後の数字に間違いはないか念入りに確認しましょう。

 

 

賃貸アパート・マンションの重要事項説明書は売買と違って内容的にもA3の用紙1枚もしくはA4の用紙2枚ぐらいの表面的な内容になります。

 

 

気をつけるべきポイントは、退去しようと思った時に何ヶ月前に大家さんに告知するのか?方法は書面か?電話か?この辺りはトラブルになりやすいので必ず確認しましょう。

 

 

数字関係にミスがないかは契約書も同じくしっかり確認しましょう。

寸法はかりのススメ

 

 

賃貸アパート・マンションを契約したら寸法はかりをすることをオススメします。

 

 

特に最近の新築や築5年以内ぐらいの賃貸物件は窓枠のサイズや建具のサイズが昔のように決められたサイズではないので必ずはかることをオススメします。

 

 

お洒落なアパート・マンションになればなるほど規定のサイズに収まらないサイズになりますのでカーテンもオーダーメイドになる事が多いです。

 

 

最近ではドラム式洗濯機や大きい冷蔵庫を持っている人が増えていますので確実にサイズをはかり、メモしましょう。

 

 

後でサイズが合わないと本当に悲惨なことになります。

 

 

これから家具・家電を買う人に関しましても現在の家具・家電は本当にたくさんのサイズがありますのでその契約したアパート・マンションにあった家具・家電を選ぶようにしましょう。

 

 

契約後も寸法はかりをフィーリングの合う営業マン・営業ウーマンに申し出れば寸法はかりの時間を割いてくれるはずです。

 

 

事前に寸法をはかる場所を決めておいて寸法はかりに望みましょう。

 

 

スムーズに進みます。
次のページへ(入居前に必ずすること)