住宅ローン滞納者 急増中

住宅ローン滞納者が急増しているわけとは?

みなさんは夢のマイホームを購入する際に、住宅ローンを組んで借り入れ、マイホームを手に入れて毎日悠々自適に暮らしているとします。

 

 

その住宅ローンがもし払えなくなり、延滞が続くと夢のマイホームはどうなるのでしょうか?

 

 

その辺りを詳しく説明させていただきます。

 

 

夢のマイホームを購入してもいつ不測の事態に見舞われるかわかりません。

 

 

病気や怪我や不慮の事故に合うなども考えたくはありませんが現実に起こりえます。

 

 

またこの不況で実際にいろんな会社で起きているのがボーナスの大幅カットによる収入減です。

 

 

余裕を持った月々の返済額の人ならなんとか凌げなくもないのですが、

 

 

ぎりぎりの返済比率で尚且つボーナス払いを利用している人には大幅なボーナスカットは切実な問題です。

 

 

不況によるリストラで失業なんていうリスクも背負って日々人は生きているのです。

 

 

実際にどれかのケースが起こってしまい返済が滞ってしまう人が現在急増しております。

住宅ローンの基本なのですが、

 

 

いつ何時どんなことが自分の身に降りかかってくるかわかりませんので、収入がしばらくなくてもいいように最低でも3ヶ月から半年分は手元に残しておきましょう。

 

 

毎月ぎりぎりの状態で返済に追われて貯金ができなくて心が休まらないでは、

 

 

マイホームを手に入れて心の安らぎを手に入れたと思ったはずが本末転倒になってしまします。

 

 

その辺りは余裕を持った返済プランを購入当時にしっかり計画しましょう。

 

 

それでも一向に住宅ローンを返す目処が立たず、貯金もなくなってしまい、いよいよどうにもならなくなることもあるかもしれません。

 

 

こういう最悪の事態に備えて住宅ローン購入の際には最悪の事態を想定した対策を立てておく必要があります。

 

 

その事態になった時にどのように動くべきかをローンの延滞前に考えておくことはリスクヘッジの観点からも非常に重要になります。

 

 

間違っても消費者金融などに手をだしてその場しのぎの行動をしてはいけません。

 

 

消費者金融やカードローンに手を出したら借金はみるみる雪だるま式に増えていき、

 

 

自分の力では宝くじでも当たらない限りはどうすることも出来ない状態になり、おそらくまず間違いなく夢のマイホームを手放さなくてはいけないことになると思われます。

 

 

それだけは絶対に避けなくてはなりません。
次のページへ(住宅ローンを滞納するとどうなるのか?)