住宅ローン審査 通りやすくする方法

住宅ローン審査を通りやすくする方法

リーマンショック以降、金融危機は世界規模で広がっておりまして、企業の業績も軒並み悪くなっている中で、住宅ローンの貸し出しへの影響を心配しているお客様は大変多くなっております。

 

 

確かにリーマンショック以降金融機関の住宅ローンに対する審査は、以前と比べて厳しくなっている傾向にあります。

 

 

しかし、ものは考え方で現在は不景気のあおりを受けて物価価格が下がり、金利も超低金利ですので買いどきであるのは間違いありません。

 

 

金融機関としましても、住宅ローンを貸しても滞ることのない安心な人にはどんどんお金を貸してゆきたいのです。

 

 

ご本人さんが勤続年数や収入面でボーナスがカットされたなどの不安があるのであれば、やはりその問題を解決されてからの借り入れの方が本人的にも安心でしょう。

 

 

ノンバンク系の金融機関では、

 

 

審査が通りにくい頭金が少ない人や勤続年数が短い人、自営業で確定申告をあまりあげていない人などの審査を甘めにして住宅ローンを融資するのですが、そのかわりに金利は相場よりかなり高い金利になります。

 

 

最後の手段として頭の隅に入れておく程度でよいかと思いますがそういった人でも貸してくれる金融機関はありますので最後まで希望を捨てないこと大切です。

事前審査で重要になってくる審査のポイントは、本人の信用度と住宅ローンを返していけるかの支払い能力になります。

 

 

住宅ローンの事前審査で必要になるものが、

 

 

運転免許証のコピー(裏表両方)・在職証明・源泉徴収票などが必要になり、過去にお金の借り入れで滞納や自己破産などの金融系の事故がないかを調べられます。

 

 

事前審査と本審査はほとんど同じ内容になりますので、事前審査通った人ならほぼ通る内容になります。

 

 

審査自体はローンの保証会社が厳しく審査します。

 

 

この住宅ローンの保証会社がいざという時に本人が住宅ローンを払えなくなってしまったら代わりに弁済をしますので厳しい目で審査することになります。

 

 

信用調査も当然再度しますので、事前審査の時にはなかった借り入れなどがありますとすぐにわかってしまいますので気をつけましょう。

 

 

本審査を通らない原因になります。

 

 

住宅ローンを少しでも通りやすくするための方法としまして、よくあげられるのが、勤務先がメインバンクとして使っている金融機関に申し込むと審査が通りやすかったり、いい優遇金利を出してくれたりします。

 

 

給与振込みなどで使っている金融機関なども審査が通りやすいですし、決算期で金融機関が契約をほしがっている時なども審査が通りやすいといわれております。
次のページへ(住宅ローン事前審査の落とし穴)