住宅ローン選びのポイント

住宅ローン選びのポイント公開します

簡単な住宅ローン選びのポイントとしまして、わかりやすく掻い摘んで説明させていただきますと、

 

 

まず当然なのですが、頭金は出来るだけ多く用意いたしましょう。

 

 

頭金が多ければ多いほど住宅ローンで借りるお金が少なくなりますのでその分負担軽減につながります。

 

 

金利は当然出来るだけ低い所を選びましょう。

 

 

金利が低ければ低いほどそれに伴って利息が少なくなりますので月々の返済は楽になります。

 

 

注意としまして調べた時の金利が安かったとしても適用される金利は、申し込みをした時の金利ではなくて融資実行時の金利が適用になる銀行がほとんどですので注意しましょう。(中には申し込み時の金利が適用になる銀行もあります)

 

 

返済期間は出来るだけ短くが基本ですが、最近の傾向としましては返済期間を最大の35年間にしておいて、月好きの返済を出来るだけ軽減させておき、まとまったお金が貯まったら一気に繰り上げ返済にあてるというのが非常に多いパターンです。

 

 

今の時代はボーナス払いにたよるわけにはいきませんし、ボーナスが出たらラッキーという感覚でそれを繰り上げ返済にあてる人が増えています。

 

 

銀行の方も繰り上げ返済をインターネットからしたら手数料0円という所もありますので1度検討してみましょう。

物件を気に入って物件購入の意思を固めるとまずは、不動産の買付証明書というものに署名・捺印をして購入の意思を示すことになります。

 

 

その時に条件があるのでしたら、不動産買付証明書にその条件を記入しましょう。

 

 

その条件がのめるかのめないかを仲介の不動産会社が売主側の仲介不動産会社と交渉してくれますので、まずは希望を伝えて交渉してもらいましょう。

 

 

ただあまり無理を言ってもあっさり却下されるだけで相手にされませんので現実的にこのぐらいなら無理ないだろうというラインで要望を記入しましょう。(例えば1,980万円の物件でしたら1,900万円になったら購入しますや家具がついている物件ではその家具がついたら購入しますなどです)

 

 

ただしその希望が通ったら基本的には購入の段取りを売主もとりますので交渉がうまくいった後のキャンセルは倫理的にも道徳的にもよくありませんのでやめましょう。

 

 

とりあえず交渉しようという考えでしたら不動産買付証明書は書いてはいけません。
次のページへ(繰り上げ返済とは?)