自主管理の見分け方

自主管理物件と管理会社物件の見分け方お教えします

管理会社が間に入っている物件について

 

 

賃貸物件の中には、大家さんが自分自身で自主管理している物件と間に管理会社をはさんで入居募集からクレーム、退去清算まですべての業務を一括しておまかせしている大家さんがいます。

 

 

管理会社は大家さんに家賃回収から退去後のリフォームなどすべての業務をやる代わりに管理料を払っております。

 

 

それを払うことによってサラリーマン大家さんでも管理会社に物件管理をしてもらうので勤めながら気にせず大家が出来るというわけです。

 

 

管理料の相場は、大体家賃共益費などのトータルの収入に対して5%ぐらいです。

 

 

安い管理会社で3%という所もありますが、サービス内容が違うかもしれませんので契約前に事前にしっかり確認しましょう。

 

 

私も不動産会社で代表をする傍ら数件不動産を所有してますが、管理が大変なので今は自主管理ではなく、自分の所有している物件は管理会社に管理をお願いしております。

 

 

完全にリタイアしたらお金がもったいないので自主管理をしようと思います。

5%の管理料を払うだけで月々起こる家賃回収の苦労から物件清掃、クレーム処理まですべて代行してくれるのでサラリーマンをしている方でしたら大家業にかかる煩わしさがありませんので管理会社に管理を委託する方法がオススメです。

 

 

入居者さんの視点でお話させていただきますと、管理会社が物件管理している物件の方が、クレーム対応の早さや共用部分の綺麗さ、住んでからの不具合や水漏れの対応など相手は会社なので迅速・丁寧に対応してくれます。

 

 

ただ入居前の家賃交渉や条件交渉に関しては、もろもろの交渉を管理会社にして管理会社がその交渉内容を大家さんに交渉するというワンクッション入る交渉になりますので熱意が伝わりにくく、思った金額にならないことが多く、時間がやたらとかかったりします。

 

 

一般の大家さんと管理会社が入っている物件の見分け方なのですが、これは非常に簡単です。

 

 

管理会社が間に入っている物件は必ず物件の敷地のどこか間に入っている管理会社の看板や連絡先があります。

 

 

注意してよく探してみて下さい。

 

 

逆に何の看板もないかもしくは賃貸仲介不動産会社の看板がベタベタ貼ってある物件は、一般の大家さんの自主管理物件です。

 

 

案内時に一般大家さんの物件だとわかったら迷わず大胆に交渉しましょう。
次のページへ(満室物件と空室物件の違い)