賃貸物件値引き タイミング

賃貸物件を値引きしやすい時期はいつか?

賃貸アパート・マンションが一番動く時期(いい物件がたくさんある時期)お教えします。

 

 

賃貸アパート・マンションが一番動く時期は・・・、言い換えると一番希望の物件にめぐり合える可能性が高い時期は・・・ズバリ12月〜2月下旬にかけてのいわゆる不動産の繁忙期といわれる引越しシーズンになります。

 

 

この時期の賃貸業界は、不動産のお祭りというような状態になります。毎日お客様も店頭にバンバン来店がありますし、退去してリフォームの終わった即入居の物件も
2月下旬まででしたらたくさんあります。

 

 

よく3月までいい物件が出るのを待つという方がいますが、それは間違いです。

 

 

3月はもうすでに引越しの決まった物件ばかりでいわゆる普段は見向きもされない余りモノの物件ばかりになります。外から見て空いているお部屋も大概4月上旬の入居に向けて新入居者の入居を待っている物件がほとんどです。

 

 

確かに3月は物件がものすごく動くのですが、3月末日に退去してお部屋を出て行く方がほとんどですので、そこからリフォームなどしていたら市場に出回るのは、4月中旬からゴールデンウィークにかけてになります。

時期に余裕のある方は4月中旬からゴールデンウィーク前に探してみてはいかがでしょうか?

 

 

毎年すぐに決まって賃貸仲介不動産会社の営業マン・営業ウーマンも見たことない超人気物件が、内覧可能で空いていたりしますので穴場な時期です。

 

 

そして最後に穴場な時期は、9月上旬から11月の秋のシーズンです。

 

 

ここは不動産の繁忙期を嫌って動かれる法人企業の転勤が多数あり、意外といい物件にポンと入居できる可能性が高いのでオススメです。

 

 

逆の発想から6月から8月などほとんどお客様のいない時期に賃貸仲介不動産会社に来店すると、賃貸仲介不動産会社はお客様がほとんどいないのに売り上げは上げないといけないので、営業マン・営業ウーマンが親身になってくれるというメリットがあります。

 

 

大家さんもこの時期は物件が動かないので、大幅に家賃交渉・条件交渉に応じてくれます。(私は営業マン時代、この時期に家賃を1万円下げたことがありますのでうまみのある時期です。)

 

 

いつのシーズンに不動産会社に来店してもメリット・デメリットはありますが見積もりの内容は変わりませんので必ず見積もりをもらいましょう。
次のページへ(賃貸不動産会社が倒産しない秘密をお教えします)