賃貸 掘り出し物物件

賃貸での掘り出し物物件の見つけ方公開

専任物件を一般物件の違い

 

 

専任物件と一般物件の違いは、読んで字のごとく専任物件というのは大家さんがどこかの不動産会社1社と専任契約を結んでいて、その不動産会社しかその大家さんの賃貸物件は紹介できないということです。

 

 

今の現在は100年に1度の経済不況に入りまして、徐々にその1社だけにお願いしていてもまったく満室にならない現状がありますので、満室にするために大家さんはなりふり構わず専任契約を解除して他の不動産会社にお願いしています。

 

 

ですので最近専任物件はほとんどなくなっています。

 

 

世の中にある賃貸物件の95%は何かしら方法でご紹介可能です。

 

 

後はその賃貸仲介不動産会社がその物件を知っているかどうかになります。

 

 

物件探しの際は、それを念頭においておくと家賃交渉・条件交渉がしやすくなります。

 

 

専任物件の探し方は、マンションに行った時に賃貸仲介不動産会社の看板が1社しか貼ってなかったらその物件はほぼ間違いなく専任物件です。

 

 

その賃貸仲介不動産会社しか扱えませんので、時としてそれがお客様にとって掘り出し物の物件になったりします。

 

 

それが掘り出し物物件のメカニズムです。

賃貸不動産を借りる時のテクニック公開いたします

 

 

賃貸仲介不動産会社は必ず数件まわろう(1件目の賃貸仲介不動産会社で賃貸物件をきめることは避けましょう)

 

 

これはなぜかと申しますと、前章で少し触れましたが、1件目の賃貸仲介不動産会社でいい物件がと思ってその物件で決めてしまうと本当にその物件がいい物件なのかの指標がありませんので営業マン・営業ウーマン主導の契約になってしまいがちだからです。

 

 

後で書きますが一件目の不動産会社で契約し、見積もりをもらうと初期費用明細も不動産会社の方針と営業マン・営業ウーマンの思惑でお金を取れるだけ取ろうとしますので総額で見てもかなりの差が出ます。

 

 

営業マン・営業ウーマンは必ずといっていいほど他の賃貸仲介不動産会社もまわっているか聞いてきますので、この質問には必ず「はい」と答えましょう。

 

 

他の賃貸仲介不動産会社に行っているという事は、へんな見積もりを出すと他の賃貸不動産会社に指摘されてお客様を取られてしまうという心理になりますのでいい効果があります。
次のページへ(営業マンが親身になる裏ワザとは?)