変動金利と固定金利はどちらが得?

変動金利と固定金利はどちらが得か?

固定金利とは、

 

 

読んで字のごとく住宅ローンの借り入れ期間中ずーっとその適用金利が変わらず、毎月の返済額が一定ですので将来の見通しが立てやすく、割と保守的な考え方の人には合っていると思います。

 

 

固定期間は、3年・5年・10年・20年そしていくところまでいくと35年固定といろいろ金融機関によってありますので自分の考え方と照らし合わせて考えてみましょう。

 

 

固定期間が長い商品ほど当初の金利は、高くなりますのでそのあたりは折り合いのつく期間で決定するのがよいかと思います。

 

 

景気に左右されずに毎月同じ返済額ですので、個人的にもおすすめです。

 

 

変動金利とは、

 

 

固定金利の逆で原則として年2回の適用金利の見直しがあり、景気を常に意識しながら生活することになりますので、経済に強くなる人が多いようです。

 

 

毎月の返済額の改定はころころと変えれませんので5年に1度ですが、5年間に変動した分の金利はその時に再計算されますので注意が必要です。

 

 

変動金利は固定金利に比べて極端に金利が低いので、繰上げ返済などを利用して一気に住宅ローンを返していく人やお仕事で歩合の高い営業マンなどが金利変動リスクを恐れずに選ぶ傾向があります。

 

 

この超低金利時代がにマッチした金利商品だと思います。

 

 

今のような不景気の状態が長く続けば続くほどお得になりますので景気と相談しながら検討してゆきましょう。

これからマイホームを購入して、住宅ローンを背負う人は固定金利か変動金利のどちらを選べば得をするのでしょうか?

 

 

実際に私が対応するお客様は、ここ最近金利の断トツで低い変動金利を選ばれる方が多いです。

 

 

この超低金利時代に低い金利で借りておき、どんどん返しておいて、景気が回復してきて金利が上がりそうになったらそこで住宅ローンを固定しようと考えているようです。

 

 

最近の金融機関の商品で通気優遇1.8%などの変動金利でも固定金利でも返済期間の間は、ずーっと1.8%優遇という商品もありこれを利用して不景気時の低金利時は、変動で景気が上向いてきたら固定するというお客様が多いような感じがします。

 

 

ただ一般的には、やはり月々の返済額が固定期間の間は固定されている固定金利を選んだ方が無難だと言われております。

 

 

最近では変動金利と固定金利両方のメリットを生かしつつ、固定金利と変動金利のリスクをうまく分散するようないいとこどりのミックスプランという住宅ローンの形も出てきております。

 

 

うまく自分の考えに合った住宅ローンでマイホームを手に入れましょう。
次のページへ(超低金利の落とし穴)