学生マンションのメリット・デメリット

学生マンションのメリット・デメリットとは何か?

学生専用アパート・マンションのメリット

 

 

学生専用アパート・マンションの最大のメリットは、やはり住んでいる人が全員学生だということで下宿に出す親御さんからしたらかなりの安心感が得られるようです。

 

 

中には、医大生専用マンションや○○大学の学生専用アパート・マンションなどもあり、やはり女性専用アパート・マンションと並び希少価値が高く人気があります。

 

 

学生マンションを専門に扱っている会社もありますので、学生マンション狙いの方は一度来店してみましょう。

 

 

こちらも女性専用マンションと同じくセキュリティに力を入れていることが多く、オートロック・防犯カメラはもちろんのこと朝と夜のまかないつきという物件もあったり、家具家電が最初からついているという物件もあります。

 

 

どれも家賃は普通の物件より多少高いのですが、お子さんの安心には変えられませんので人気があります。

 

 

入学の4月に向けて推薦入試の結果発表終わりぐらいから満室になって行きますので学校の近くで空いている物件がありましたら、一度検討してみてもいいかもしれません。

デメリットは、当然学生しか住んでいないので、割と生活のリズムが不規則ではじめての一人暮らしで親元から開放された開放感からなのか音関係のトラブルが多いようです。

 

 

友達をたくさん部屋に呼んでさわいだり、夜中まで音楽を大音量で聞いたりなどが代表的なクレームでありますが、学生マンションのクレームは、学生マンション専用の管理会社は慣れていますので管理会社に相談すれば大抵解決しますので困ったことがあれば、迷わずに相談しましょう。

 

 

当人同士の話し合いでは感情的になったりして平行線をたどることが多く、解決に至ることはほとんどありません。

 

 

親御さんにしても自分の子供が迷惑をかけているとは思っていないので素直に謝ることの出来ないケースが多いです。

 

 

学生マンションは、一度入居するとほとんどの人が卒業までいることが多いので居心地がよく、立地も通学にいい場所にあって便利だったりするのでこれから新入学をするという学生さんを持つ親御さんは考えてみるのもいいかもしれません。

 

 

希少価値は高いので行く学校が決まった学生さんから早い者勝ちに立地のいいマンションは埋まっていきます。
次のページへ(ペット可マンションのメリット・デメリット)