不動産会社訪問 事前準備

不動産会社訪問前に準備することとは?

必ずやっておきたい不動産会社を訪問する前の事前準備

 

 

賃貸仲介不動産会社へ行く前の事前準備としまして、必ずインターネットで物件検索を何度かしましょう。

 

 

これはなぜかと言いますと間取りや駅からの距離や日当たりなどの自分の条件に合う物件が希望の地域に多いのか少ないのか?物件が少なければ少し範囲を広く探してみるのか?そして、大体の家賃相場をつかんでほしいのです。(パソコンで自分の条件を入力して30分も検索していれば自然と相場はわかってきます)

 

 

そして何よりこれが一番大事なのですが、あきらかに同じ物件の同じ階で同じ間取り、同じ条件で出している賃貸仲介不動産会社が3〜4社ある物件がよくあります。

 

 

この物件は正直に申しましてかなりのチャンス物件です。なぜかと申しますと、たくさんの賃貸仲介不動産会社が扱えるということはほぼ間違いなく一般物件のオープン物件です。

 

 

一般物件のオープン物件はどこの不動産会社でも扱えますので同じ物件でしたら他の不動産会社にお客様を取られたくないと必死に頑張って条件交渉・家賃交渉をしてくれます。そして、2社で見積もりをとっておけば初期費用をどんどん下げることが出来るからです。

いい物件にめぐり合うためのコツは、営業マンと仲良くなることです。私が営業をしている時は、仲介手数料1ヶ月いただく会社に勤めていたのですが、1ヶ月を必ず半月分にして時には仲介手数料40%にしていました。

 

 

営業マンと仲良くなるとこのような事もたまにあります。

 

 

大家さんから1か月分の広告料をいただけますので決まらないよりは、決まった方がいいのです。いろんな物件を数多くピックアップしておいて、当日にその物件をインターネットで紹介している不動産会社に訪問してみるのがよいでしょう。(事前にメールにて問い合わせをして来店予約をしておくのがベストです)

 

 

今の時代は、不動産会社も集客のために最新情報を出し惜しみすることなくインターネットに公開しますので、インターネットが一番情報が早いと言っても過言はありません。

 

 

たまに「お店に来店いただければ最新の情報がありますよ」なんて言う営業マン・営業ウーマンがいますが、実際は当日に管理会社から送られてくる空室一覧を見て対応していることが多いのですが、空室一覧を見てもそんなにいい物件がポンポン増えていることはありませんし、ありましたらすぐにインターネットに掲載しますので、昔ほど最新情報のタイムラグがなくなりました。
次のページへ(賃貸物件契約の流れ)