不動産競売で高利回りを狙う方法

不動産競売で高利回りを狙う方法

ギャップを狙って不動産競売物件を取得していくと高利回りの物件を容易に所得することが可能になります。

 

 

 

ただ出来れば一度は現地に行って物件を見ることをオススメします。

 

 

 

自分が住むマンションじゃないとはいえ分譲マンションでも中には賃貸マンションのようなグレードのマンションもありますし、管理が全然できていないマンションもあります。

 

 

 

あまりにひどいマンションは入札を見合わせることも検討しましょう。

 

 

 

ただ賃貸で貸す場合は

 

 

 

価格さえ間違えなければお客さんは必ず入居しますので安く物件が所得できるのでしたら競売で入札してもいいと思います。

 

 

 

先程も少し記述しましたが、不動産競売物件は、世に出回っている仲介不動産物件に比べて2〜4割安く設定されています。

 

 

 

その要因はさまざまあります。

 

 

 

まず住宅ローンなど滞って不動産を取り上げられる人が住んでいるので内覧など自由に中を見たりすることができないので物件を判断する価値基準が充分に提供されないという点があります。

仲介物件のように中を見てイメージできないと買えないなんていう人には不動産競売物件は不向きなのかもしれません。

 

 

 

また不動産競売物件は差し押さえられた物件という点から現状渡しになりますのでどんなに汚れていてもリフォームなどは落札者の負担になりますし見えない瑕疵もすべて相手の責任なく引き受けなくてはいけませんのでそのリスクを考えて安く設定されています。

 

 

 

大きな要因としては、世の中がまだまだ不景気だという点があげられます。

 

 

 

不動産競売物件は増える一方なのに不動産をほしいという人が買えない値段に設定されていたらほしくても手が出ずに供給過多になってしまいますので売買基準価額は安く抑えられています。

 

 

 

最後に住宅ローンなど払えなくなって物件を差し押さえられた人がまだ住んでいるという占有問題があげられます。

 

 

 

ここですんなり交渉で出て行ってもらえればいいのですが、立ち退き料など余計な出費がかかってしまう可能性がありますので売買基準価額は安く設定されています。
次のページへ(不動産競売の占有問題)