不動産競売と不動産仲介の違い

不動産競売と不動産仲介の違い

不動産競売物件と世の中に出回っている仲介物件には大きな違いがあります。

 

 

 

世の中に出回っている仲介物件は、売主である依頼主から仲介会社が直接依頼を受けて媒介契約というものを結び、販売活動をして成約に至ったら成功報酬として手数料をいただくという形になります。

 

 

 

依頼主である売主は、積極的に自分から物件を販売するために仲介会社に行っているのではっきりとした売る意思があります。

 

 

 

それにくらべて不動産競売物件は、住宅ローンを滞って払えなくなってしまった債務者に対して、債権者や抵当権者が裁判所に申し立てて差し押さえて売却せざるを得なくなってしまった物件なので本人はまったく売る意思がないのです。

 

 

 

むしろ夢のマイホームを失うわけですから債務者としては強制的に行なわれる不動産競売はつらくて嫌なものです。

 

 

 

世の中に出回っている仲介物件は依頼主が積極的に売りたいわけですから内覧などを申し出ても協力的に内覧させてくれますが、不動産競売物件はそういうわけにはいきません。

強制的に取り上げられてしまう売る気のない人にお部屋を見せてくれと頼んでも見せてもらえるわけがありませんので不動産競売情報である程度中を予想して入札するしかありません。

 

 

 

私が立ち退き交渉に行った競売物件の所有者の人は、大抵人にお部屋を見せるような精神状態ではありませんし、何よりお部屋がめちゃめちゃ汚いのでお部屋を見たらびっくりします。

 

 

 

そのために不動産競売情報やインターネットに公開されている情報を熟読したり、現地に見にいったりして自分で情報を集めなくてはなりません。

 

 

 

通常不動産競売物件で人気のある物件は、いろんな競売不動産業者や個人で入札しようとしている人がたくさん聞き込み調査や環境を調べたり、管理人さんに聞いたり、近所の人に聞いたりしていますので誰よりも早く情報を集めることが重要になります。

 

 

 

ただ私の今回提唱する不動産競売物件の取得方法は、誰も入札しないような人気がない物件

 

 

 

もしくは訳あり物件を最低の入札価格で取得して賃貸で運用するという方法になりますので現地調査やインターネット検索は必要最低限で大丈夫です。
次のページへ(競売物件を取得する心構え)