不動産競売の仕組み

不動産競売の仕組み

マスコミなどでも最近不動産競売が取り上げられるようになりましたので透明性が一層高くなり個人の参入はしやすくなりました。

 

 

 

今こそ不動産競売に参加して市場価格より1,000万円安く不動産を取得しましょう。

 

 

 

必ず待っていれば安い物件は出てきますのでそれまでは不動産を見る目を養うのがポイントになります。

 

 

 

そもそも不動産競売とは何かといいますと、マイホームを住宅ローンを組んで購入した人が不況などの影響で住宅ローンを滞り、払わなければいけない住宅ローンを払えなくなってしまうと債権者が裁判所に所有しているマイホームをお金に換金してくれるように競売の申請を申し立てます。

 

 

 

裁判所は、その競売申し立ての内容を精査して間違いないと判断したら受理され、住宅ローンを払えなくなった人の不動産を差し押さえて、少しでも高く購入してくれる人に売却するために不動産競売をします。

 

 

 

そして落札されたお金は住宅ローンを払えなくなった人がお金を借りていた債権者にいき、残された借金の弁済に充てられます。

この不動産競売で借金がチャラになる人もおりますが、大抵は残債が残ってしまうことが多いようです。

 

 

 

不動産を取得する方法で安く取得している人はこの不動産競売を利用している人が多く、一度流れを覚えてしまえば簡単な作業で入札に参加出来ますので2件、3件と自己所有物件を増やしている人が現在の日本で増えています。

 

 

 

事実競売の開札結果は公に公表されるのですが、物件をたくさん買っている個人の人は毎回不動産競売開札情報に名前が載っています。

 

 

 

不動産競売業者も毎回名を連ねていますので何回か競売情報を見ているとどこの業者が競売専門業者なのかなどいろいろな情報を読み取ることができますので、不動産競売情報はこまめに見て知識や不動産を見る目を養いましょう。

 

 

 

何度か目をつけた物件に実際入札するのではなく、予想してみて開札結果と照らし合わせて自分の予想した金額は何位だったのか?

 

 

 

1位だったら2位とどのぐらい差がついているのか?

 

 

 

など入札の度に行なっていると次第に不動産を見る目がついてきます。

 

 

 

是非検討中の人は試しにやってみてください。

 

 

 

落札金額が自分の予想金額と近いとうれしくなります。
次のページへ(不動産競売と不動産仲介の違い)