マイホームを不動産競売で手に入れる

マイホームを不動産競売で手に入れる方法

夢のマイホームを手に入れる方法はたくさんありますが今回私がもっともオススメする方法が不動産競売にて不動産を購入する方法です。

 

 

 

不動産競売で夢のマイホームを手に入れる最大のメリットは、市場価格より遥かに安い価格で不動産を取得することが出来ることです。

 

 

 

物件によっては市場価格の半額に近い価格で取得することも出来ますので不動産競売を利用しない手はないと思います。

 

 

 

一昔前までは不動産競売は怖い人が現れたりするのではないか不動産を取得後もめるのではないかというような不安があり、あまりいいイメージのない不動産の取得方法でした。

 

 

 

しかし、最近では不動産会社だけのものではなく、一般の人にも幅広く門戸をあけて注目を集めています。

 

 

 

一般に幅広く開放された要因はインターネットで誰でも競売情報を閲覧できるようになったからなのです。

 

 

 

不動産競売物件情報サイトBITを見て購入したい物件を探してみましょう。

 

 

 

無料でだれでも閲覧できますのでこれが不動産競売を一般に浸透させた一つの要因です。

平成16年に悪質な不法占拠者を排除して安心・安全な不動産競売をするために短期賃借権の保護が廃止されたのも大きな要因です。

 

 

 

この100年に1度といわれる不況により差し押さえの競売物件が大量にでてきておりますのでいまや不動産競売は安く不動産を取得するための一つの手法として身近になってきております。

 

 

 

最近の不動産競売の落札結果を見ていても個人の入札・落札が大変増えてきております。

 

 

 

個人の入札になりますと自己の居住用に競売物件を購入しますが、不動産業者の場合は競売で手に入れた競売不動産をまた転売しますのでどうしてもその不動産に利益を考慮して入札しなくてはいけませんので、どうしても個人の人の入札価格には勝てないことが多いのです。

 

 

 

一昔前は、個人の入札などはほとんどありませんでしたので不動産業者の独壇場で競売物件を市場価格の5〜7割で手に入れて3〜5割の利益をのせてまた市場に流通させるというのが定番でしたが、個人の参入により市場価格の5〜7割の入札価格ですと個人さんの入札価格には勝てませんので不動産業者からすると頭の痛い問題です。
次のページへ(不動産競売の仕組み)