不動産を安く取得する

不動産を安く取得する裏ワザ公開します

現在の日本は不景気で100年に1度の不況と言われており、夢のマイホームを取得した人々が次々に住宅ローンを払えなくなってしまい、マイホームを競売にかけられております。

 

 

 

理由はさまざまありますが、不況によりボーナスがカットされボーナス払いをいれてぎりぎりの返済をしていた人が住宅ローンを滞納したり、リストラにより同じく住宅ローンが払えなくなってしまったという人が最近非常に多い傾向です。

 

 

 

一昔前は事業に失敗して不動産を競売にかけられるなんていうケースが多かったのですが、最近は本当に普通に生活している人が不動産競売に夢のマイホームをかけられてしまうケースが増えています。

 

 

 

実際競売物件を扱っていて退去の交渉などに行くと一昔前は滞納者丸出しの人が出てきて部屋もぐちゃぐちゃというのが定番だったのですが、最近は本当に普通の身なりの人が部屋も割りと綺麗な状態で(それでも普通の状態よりは汚いですが・・・)競売にかけられて家を手放しているのです。

 

 

 

競売にかけられないようにしっかりとした自分に合った住宅ローンを組むことが大事になります。

 

 

 

最近の不動産競売の量なのですが、2〜3年前の3倍近くにせまる勢いで競売物件が出てきております。

 

 

 

それだけ不景気でマイホームを手放している人が増えているのです。

 

 

 

明日は我が身です。

 

 

 

そうならないように今回不動産競売物件を取得する方法からどんな物件を入札したらいいかなど不動産競売物件を見るときの注意点などを含めて細かく説明していきます。

 

 

 

いろいろこわいイメージのある競売不動産物件ですが、ちゃんと競売情報をよく読んで危ない物件をはずして入札すれば市場価格より1,000万円は安く不動産物件を取得することが出来ます。

 

 

 

それだけうまみのある不動産競売が現在の不景気と重なってまさに入れ食い状態なのです。

 

 

 

インターネットによって開かれたものになりつつある不動産競売ですが、まだ一般の人には怖いイメージで敷居が高いと思われているかもしれません。

 

 

 

しかし私の伝授する方法を読めば明日から簡単に入札することが一人で出来るようになります。(私も個人で競売物件の入札を何度もしております。簡単ですよ!)

不動産競売を利用して利回り30%以上の物件を取得する

 

 

この不景気により不動産競売物件が増えているという追い風を利用して夢のマイホームを市場価格より1,000万円安く取得するもよし、1,000安く取得した物件を将来の年金に不安のある日本なので私設年金として運用して不労所得を得るもよしです。

 

 

 

是非これを機会に不動産競売で物件を取得する方法も検討してみてください。

 

 

 

私も将来の日本に不安があり、あんまり年老いた時に働きたくないので不動産競売で物件をせっせと買い集めて大家をしております。

 

 

 

まだ収入が足りませんのでサラリーマンをしておりますが、いずれ不動産収入だけで生計を立てていく予定です。

 

 

 

それには安く不動産を取得するのが必要不可欠になりますので不動産競売はその方法をとしては非常に優秀ですので是非検討してみてください。

 

 

 

私なりのやり方を詳しく解説していきます。
次のページへ(夢のマイホームを手に入れる方法)