不動産競売であなたのライバルになるのは誰か

不動産競売であなたのライバルになるのは誰か

不動産競売は

 

 

 

ここ最近透明性のあるものに変わってきましたので

 

 

 

誰でも参入しやすくなり、一般の人も数多く参加するようになりました。

 

 

 

不動産競売であなたのライバルになりそうな人を紹介させていただきます。

 

 

 

まず考えられるのが転売目的で競売不動産を取得して綺麗にリフォームして利益をのせて再販売する不動産業者です。

 

 

 

この不動産業者の中にはワンルーム専門でやっている所やファミリー物件専門にやっている所

 

 

 

築年数の比較的新しい物件を狙う業者に戸建競売不動産専門やマンション競売不動産専門など多種多様な業者がおります。

 

 

 

中には専門は不動産とは別の事業をしているにも関わらず

 

 

 

不動産競売はおいしいということで参入している業者もあります。

 

 

 

どの会社も割りと決まりやすい、市場に出してすぐに決まるような立地であったり、間取りや広さの物件を狙いますので無難な物件は人気が集中しやすいです。

 

 

 

いつの時代も大多数の人がほしいと思うような定番の間取りで癖のない物件が人気になります。

借地権など所有権以外の権利になると途端に入札数は激減しますのでねらい目です。

 

 

 

日本人は所有権などのしっかりと自分のものになるという感覚を大事にしていますので

 

 

 

借地権などの借りているものにわざわざ高いお金は払いたくないというような心理になり、入札数が少なくなるようです。

 

 

 

次に入札時のライバルになりえるのが一般の人で自己所有を目的とした人です。

 

 

 

この人々は競売不動産物件を取得したら自らリフォームして自分が住むために競売に参加します。

 

 

 

こういう人は利益を考えませんので

 

 

 

相場より安く取得することが目的なので最大のライバルになりやすいです。

 

 

 

利益を考えない分不動産業者より飛びぬけて高く入札しますので太刀打ちできません。

 

 

 

また投資用に競売不動産を入札してくる人がいます。

 

 

 

競売不動産物件には一棟のアパートやマンションも割りと出てきますのでそれを安く入手して賃貸経営をする人です。

 

 

 

一棟のアパートやマンションを狙って入札してくる人は

 

 

 

いい条件であれば区分所有の分譲マンションを狙ってきますのでライバルになる可能性があります。