不動産競売で掘り出し物件を見つける方法

不動産競売で掘り出し物件を見つける方法

競売不動産物件を入札するにあたりまして

 

 

 

不動産競売情報をBITシステムにて確認しているかと思いますが

 

 

 

ここで気をつけなければならない点をお伝えします。

 

 

 

それは、分譲マンションなどにある管理費・修繕積立金の滞納額です。

 

 

 

前述しましたが

 

 

 

管理費・修繕積立金は承継義務があります。

 

 

 

次の所有者が払わなくてはなりませんのでその予算は横によけておいていただきたいのですが

 

 

 

裁判所の書類や不動産競売情報のBITシステムについている情報は債権者が競売を申し立てた直後に調べた内容です。

 

 

 

そこから競売入札までは数ヶ月時間がかかりますので大抵入札して落札した時には

 

 

 

BITシステムについている滞納額より余分に滞納していることになります。

 

 

 

当然その間も競売で家を手放さなくてはいけない人は管理費・修繕積立金を払えるわけもありませんので過ぎた月日分滞納しています。

 

 

 

それをふまえた上で入札を検討し

 

 

 

その過ぎた月日分もお金は余分に横によけておかないとギリギリで入札すると後で大変なことになりますのでその点は注意が必要になります。

不動産競売物件は住宅ローンなどが滞ってしまいその債権者が裁判所に

 

 

 

競売を申し立てて競売物件となり不動産競売情報として世に出てきます。

 

 

 

ですのでなかなかほしい物件がぽんぽんと出てくるというものでもありません。

 

 

 

良さそうな物件が出るまでは練習として自分が入札すると仮定して落札金額を予想し

 

 

 

いざ本当に入札する時のために不動産を見る目を養っておくということが大事になります。

 

 

 

実際ここ最近は不動産競売物件が1年間前に比べて格段に増えましたので

 

 

 

自分の探している物件が出る確率は上がっているかもしれません。

 

 

 

信じられない新しくていい物件が不動産競売に出ることも多くなっておりますので

 

 

 

是非不動産を見る目を養っていただき、自分が入札するチャンスを伺っていい物件を取得してください。

 

 

 

待つ人が案外いい物件に巡り合っていることが多いようです。

 

 

 

あせらずにじっくり探しましょう。

 

 

 

あせらずにゆっくりじっくり探せる

 

 

 

余裕がいい競売不動産物件を取得する近道です。