不動産競売における耐震診断の大切さ

不動産競売における耐震診断の大切さ

古い分譲マンションを入札検討する場合は

 

 

 

その入札検討している古いマンションがマンション個別で耐震診断しているかどうかを確認しましょう。

 

 

 

耐震診断していて問題なしという判断や補強工事をしてあるマンションでしたら

 

 

 

そのまま入札してもいいかと思いますが、耐震診断していないマンションや補強工事をしていないマンションは

 

 

 

入札検討からはずしておいた方がいいと思います。

 

 

 

一度自分が入札検討している物件を確認してみましょう。

 

 

 

賃貸マンションとしても

 

 

 

借りる人が少なくなってしまうというのがかなりのネックですので私も1981年(昭和56年)以前の物件は

 

 

 

よほど間取りがいいとか立地がいいとかの付加価値がない限り入札は見送るようにしております。

 

 

 

私がオススメしている競売不動産は借地権付きマンションです。

 

 

 

この借地権付きマンションというものは通常の所有権のマンションと違い、建物の部分だけが競売の対象になります。

 

 

 

借地権でも気をつけたいのは

 

 

 

定期者基地権なのか普通借地権なのかです。

定期借地権ですと期間満了時に更地に戻して地主に返すなどの成約がありますので

 

 

 

出来れば普通借地権付きマンションを狙いましょう。

 

 

 

どちらにしても管理費・修繕積立金の他に借地料が毎月のランニングコストとして

 

 

 

かかりますのでその分も計算して入札しましょう。

 

 

 

ただ借地権付きマンションは

 

 

 

不動産業者にとっては転売しにくいのであまりうまみがなく入札数もほとんどありませんので最低買受可能額で入札して落札すればいいと思います。

 

 

 

借地権付きマンションは

 

 

 

最初の設定金額が相場よりも格段に低いですし

 

 

 

更に最低買受可能価額で落札出来ればそれはもう賃貸運用するマンションとしては最高にいいスタートを切ることが出来ると思います。

 

 

 

賃貸の入居者に借地権付きマンションか

 

 

 

普通のマンションかの区別はつきませんし、あくまで賃貸で借りている期間住むだけですので立派なマンションであれば借地権でも所有権でも関係ないのです。

 

 

 

そこが狙い目なのです。

 

 

 

また借地権付きマンションは

 

 

 

税金の面でも所有権ではないので敷地に課税されるはずの固定資産税や都市計画税は地主が払いますので支払う必要はなくお得です。