不動産競売での情報収集方法

不動産競売での情報収集方法

不動産競売での有効な情報収集方法は

 

 

 

インターネットを利用したBITシステムです。

 

 

 

時間がある人は裁判所の公開資料を見るのが一番ですが、時間がなく尚且つ正確な情報を得たいということでしたらBITシステムがオススメです。

 

 

 

このBITシステムには

 

 

 

競売不動産で必要な物件明細書・評価書・現況調査報告書

 

 

 

といういわゆる3点セットが無料で閲覧可能です。

 

 

 

またこの物件明細書・評価書・現況報告書の3点セットだけではなく

 

 

 

開札結果や過去3年分の不動産競売物件と売却時のデータ

 

 

 

などが保管されていて閲覧することが出来ます。

 

 

 

また不動産業者の有料サービスで競売不動産情報が細かく調べられているサイトなどもありますし

 

 

 

冊子になって自分のほしい裁判所の競売不動産情報を送ってくれる不動産業者もありますのでお金に余裕があるのでしたら利用しましょう。

 

 

 

私の勤めている会社でも利用しておりますが、有料ということで内容もしっかりしておりますし見やすくなっています。

競売不動産の選び方なのですが

 

 

 

一般の人が始める場合オススメしているのが区分所有マンションの一室を狙うということです。

 

 

 

分譲マンションですと賃貸マンションよりグレードが高いですし、自分で住むにも賃貸て運用するにも気軽に始められます。

 

 

 

私もマンションから始めました。

 

 

 

逆に戸建物件ですと

 

 

 

権利関係や隣地境界線問題や私道負担などいろんな要素がありますので知識がない内は手を出さないほうが無難です。

 

 

 

知識がついてきたら危ない物件を避けて入札することもできますので入札してみましょう。

 

 

 

賃貸でも戸建を探している人は大変多いので意外と高い値段で貸すことが出来たりします。

 

 

 

マンションの選び方なのですが

 

 

 

自分が住むときのことを考えながら置き換えてみると案外探すのは簡単だったりします。

 

 

 

後は予算と賃貸で運用するなら利回りが重要な要素になってきます。

 

 

 

一般的にマンションは管理を買えとよくいわれます。

 

 

 

この言葉はマンションを中心に販売している不動産会社じゃなくても知っている言葉です。