仲介手数料を0円にする方法

仲介手数料を0円にする方法公開

一般の方は意外と知らないのですが、

 

 

不動産物件を中古で購入する際に不動産会社に訪問して物件を紹介されて不動産物件を購入すると仲介手数料というものがかかります。

 

 

仲介手数料は法律でその額が決まっておりまして、

 

 

400万円以上の不動産物件を購入する時(ほんとんどのマイホームとして住宅ローンを組んで購入する不動産物件は400万円を超えることが多いです)の仲介手数料は、

 

 

その不動産の物件購入価格(消費税抜き)の3%+6万円になります。

 

 

計算してみるとわかりますがなかなかばかにならない金額になります。

 

 

例えば3,000万円の不動産物件を中古で購入した場合の仲介手数料は、

 

 

物件価格3,000万円×3%+6万円×1.08(消費税)=1,036,800円になります。

 

 

物件購入時の諸費用としてはかなりのウエートを占めてきますので出来るだけ頭金をたくさん用意しておきましょう。

 

 

最近では、この不況ということを利用して不動産会社によってはこの仲介手数料の部分を少し交渉で下げてくれるところもありますので、マイホームを中古で購入の際は一度ダメもとで交渉してみましょう。

 

 

1%さがるだけでもかなりお得になります。

新築物件を購入する際でも建売住宅を購入する時には、仲介手数料がかかってしまう物件があります。

 

 

それはその建売業者が売主ではなくてその建売を建てた所が直接販売するのではなく、販売会社を一枚噛ませているケースです。

 

 

広告などで販売代理などが入っていたり、取引態様の所に「仲介」や「媒介」という文字が入っていたら仲介手数料がかかりますのでそのあたりもしっかり確認しましょう。

 

 

逆に広告で「売主」となっていましたらその物件は売主の不動産業者が直接販売している物件ですので仲介手数料はかかりません。

 

 

一度住宅の広告などを見る際は、注意して見てみましょう。

 

 

仲介手数料がかからないだけですごくお金の節約になります。

 

 

家は高い買い物ですので一般の人はあまり知らないのですがかなり重要な節約部分になります。

 

 

最近では、中古のマンションを不動産業者が購入して中を綺麗にリフォームして販売するという形態が首都圏を中心に増えております。
次のページへ(売主が不動産会社のメリット)