賃貸営業マンに必ず確認すること

賃貸営業マンに必ず確認すること

不動産会社の営業マン・営業ウーマンに聞くべきマル秘ポイント

 

 

不動産会社の営業マン・営業ウーマンに聞くべきマル秘ポイントはずばりその賃貸物件が事故物件かどうかです。

 

 

私が賃貸仲介不動産会社で営業をしている頃は、その物件で自殺があったとかまわりに変な人がいるという物件はすべて把握しておりました。

 

 

おそらくどこの賃貸仲介不動産会社も事故物件については把握していますので、気になるアパート・マンションが事故物件かどうかは必ず聞くようにしましょう。

 

 

後々近所の人から聞いてまた引越しになると勿体無いので・・・。

 

 

実際事故があったマンション・アパートのお部屋は相場より格安の設定になっていますのですぐにわかると思います。

 

 

重要事項説明書によりそのマンション・アパートのお部屋で自殺などありましたら説明しなくてはいけませんのでしっかりした賃貸不動産会社でしたら間違いなく説明してくれます。

 

 

それもまたいい不動産会社を見分ける一つの指標ですので気に入った物件が見つかりましたら必ずその物件についていろいろ聞きましょう。

運命を感じる物件に出会ったら・・・

 

 

時々、間取りやお部屋の感じなどインスピレーションで運命を感じる物件だと思うことがあります。

 

 

そんな物件に出会ったらすぐに見積もりをもらって私の伝授した条件交渉・家賃交渉をしたい所なのですが、一度冷静になって考えてみたり人にその賃貸物件の意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

 

 

確かに運命を感じる物件ですので早く契約したい気持ちはわかりますが、人はとかく運命という言葉に弱く気持ちが高ぶっていて冷静に判断が出来ない状態ですので1度ぐっとこらえて店舗を出てみると冷静になれたりします。

 

 

フィーリングの合う営業マン・営業ウーマンが違う不動産会社にいるのであれば1度相談してみるのもいいでしょう。

 

 

そして1日おいてそれでも気になるのであればそれは運命です。

 

 

私の伝授した技をフルに使い迷わず契約しましょう。

 

 

賃貸物件は基本的には早いもの勝ちで物件がなくなってしまいますので時には決断力も必要になります。
次のページへ(重要事項説明書の重要性)