賃貸仲介のお仕事

賃貸仲介のお仕事って具体的に何をするのか?

賃貸仲介不動産営業の仕事としまして、会社の名前入りの看板を新規で大家さんに交渉してつけさせてもらうという仕事があります。

 

 

これは私のいた会社では月に5件以上新規でつけるというノルマがありましたが、最近ん大家さんはいろんな賃貸仲介不動産会社の看板がベタベタ貼ってあるとアパート・マンションの見栄えが良くないということでよく断られます。

 

 

これも簡単に看板をつけさせてくれる大家さんはもう昔に看板をつけているので残った看板をつけるのが難しい大家さんを交渉しなくてはいけないのでしんどい仕事でした。

 

 

細かい仕事ですが、車の整備・点検・洗車も月に1度あります。

 

 

そして営業マン・営業ウーマンが一番物件を知っていなくてはいけないので、物件確認と室内写真撮りは欠かせない作業です。

 

 

これも毎日手のあいた時間に新規に空いてきた物件の室内に営業マン・営業ウーマンの勉強のために物件確認をして部屋の広さやコンロの数などの設備を見てきてメモして
営業みんなで共有できるようにします。

 

 

そのついでに室内写真を撮ってきます。

 

 

綺麗な室内の写真を8枚程度撮ってきて店舗のパソコンに保存します。撮る場所としましては、玄関・トイレ・洗面・浴室・エアコン・洋室・収納・下駄箱などお客様が見たいと思われる部分です。

 

 

そして戻ってきたら新規物件としてインターネットに入力し、インターネットに掲載します。この作業により集客をしますので店舗スタッフ一丸となって行います。

不動産会社の営業マン・営業ウーマンが実際に使っているライフライン(スーパー・コンビニ・病院・駅までの距離など)の楽な検索方法

 

 

不動産会社の営業マン・営業ウーマンが実際に使っているスーパー・コンビニ・病院・駅までの距離・小学校までの距離などを簡単に検索する方法は、インターネットサイトやアプリの検索アプリを使います。

 

 

これは大変便利なアプリがありまして、物件の住所を入力し、検索ボタンを押すだけでその住所のライフライン(スーパー・コンビニ・病院・駅までの距離など)の場所と距離がすべて出ます。

 

 

知らない土地で物件を紹介されたらまずこのサイトで住所を入力してみましょう。周りに何があるのかを距離の近い順に紹介してくれますので大変便利です。

 

 

是非一度検索してみてください。

 

 

私も営業マン時代は必ずこのサイトを使ってそのマンションの資料を作成してお客様の質問にすべて答えられるように準備していました。自分の知識以上に知らないお店まで網羅しておりますのでオススメです。
次のページへ(仲介のお仕事は何をするの?その2)