物件購入の諸費用いくら?

物件価格以外にかかる諸費用は何がある?

マイホームを購入する時、お金の動きを把握することや住宅ローンの手続きは必要不可欠です。

 

 

実際にマイホームを購入する時に必要になるお金にはどんなものがあるかといいますと、まず頭金が現金で必要になります。

 

 

通常物件価格の20%前後用意するのが理想的といわれておりますが、最近の不景気でこの頭金を用意できない人が増えているのも事実です。

 

 

頭金が少ししかなくても最近では、諸費用を負担してくれる売主の不動産業者などもありますし、メガバンクですと本人の属性が良ければ頭金がなくても満額融資してくれることがありますのでご安心ください。

 

 

次に諸費用をいわれる物件価格以外にかかるお金があります。

 

 

諸費用といいますのは、物件を購入する時の仲介手数料であったり、銀行に支払う事務手数料や印紙代や司法書士の先生に払う登記費用だったりまだまだありますがそういった物件購入時に発生するお金です。

 

 

お客様の中には物件価格だけで物件を購入出来ると勘違いしている人が意外と多くおりまして、明細を見せて説明するまで納得しない人がおります。

通常、物件購入時の諸費用は、物件価格が1,000万円前後でしたら大体物件価格の1割前後必要と言われておりますし、

 

 

物件価格が2,000万円以上の物件でしたら大体物件価格の7%〜8%前後必要になるかと思います。

 

 

1,200万円の物件でしたら諸費用は約120万円必要になりますので、トータルでかかる金額は1,320万円前後必要になります。

 

 

2,300万円の物件でしたら諸費用は約170〜200万円前後になるかと思いますのでトータルでかかる金額は2,500万円前後必要になります。

 

 

あくまでざっくりですので詳しくは気にいった物件を案内してくれた営業マン・営業ウーマンに聞いてみましょう。

 

 

諸費用にかかるお金が払えない人は、諸費用ローンというものを組んで使うことになりますがこのローンは住宅ローンと比べると金利が高いので頭金がある人は、諸費用分だけでも頭金で払って残りを住宅ローンで借りるという人が多いです。

 

 

諸費用も払えない人になりますと諸費用ローンと住宅ローンの2本立てのローンになりますので資金計画を1度見直してみる必要があるかもしれません。
次のページへ(住宅ローン選びのポイント)